若き JavaScripter の悩み

何かをdisっているときは、たいていツンデレですので大目に見てやってください。愛です。

株式会社ミクシィを退職しました

表題のとおり、株式会社ミクシィを退職しました。私は2014年の新卒入社なので、4年弱お世話になったことになります。たいへんお世話になりました。

さて、とりあえず在職中に印象に残っていることをまとめてみました。

印象に残っていること

新人賞

2015年に新人賞をもらいました。受賞者の発表は全社総会でやっていたらしいのですが、私は発表のタイミングに別室で休んでいたために何も知りませんでした。そのため残念なことに表彰時不在となりました。なお、その後に表彰時にもらえるはずの賞状が行方不明になるなど紆余曲折ありましたが、受賞を光栄に思います。

学生向け競技イベント「git challenge」

2015~2018年にかけては、壊れたgitリポジトリからの復旧などを問題とした学生向けイベント「git challenge」をやっていました。このイベントでミクシィを知ってくれた学生は、結構な確率でミクシィの仲間になってくれるという法則があり、入社前からお互い知ってるみたいな状況になってて面白かったです。実は私自身も別のセキュリティ系イベント「Scrap Challenge」の縁でミクシィに入社したので、感慨深いものがあります。

さて、他にも色々やっていきがあるので、年表にしてみました。

やってきたこと年表

2014年

2015年

2016年

2017年

2018年

なんか色々やってますね。

さて、今回はもう一つお知らせがあります。

技術書典4でGitの技術書出します

退職してから次の職までの間は技術書典4(4/22, 秋葉原UDX アキバ・スクエア)へ向けてGitの技術書を書いてました。この技術書は、いざというときのGitリカバリのマニュアルみたいな感じのとか他色々含むごった煮みたいなやつです。私の担当部分の対象読者はGitに触ったことのある人で、内容は reflog みたいな初級の内容からもっと高度な方法もたくさん書きました。ダウンロード販売ダウンロード版からご購入いただけます。

ちなみに、私の担当部分をチラ見せするとこんな感じです。

f:id:devorgachem:20180327213201p:plain

(ページ途切れた。。。)

f:id:devorgachem:20180327214221p:plain

これの技術書典4での販売場所情報になります。

  • サークル名: 味噌煮研究所
  • 場所: う-20

f:id:devorgachem:20180327210843j:plain

あと、この記事の執筆過程でGitの不具合見つけてパッチ投げたりもしてました。Junio C Hamano さんのやり方はすごい参考になりました。Hamano さんはすごい。

終わりに

次回は DeNA でテストおじさんをやる予定です。みなさま、今後ともよろしくお願いします。

退職の前座エントリ

本日株式会社ミクシィを退職いたしました。

さて、クニワックは各所に挨拶回りをした後、帰宅しました。するとたちどころに体調の悪さを訴え、めでたく38℃の発熱を記録しました。健康保険証は返却済み!明日は高額勉強会のtry! Swift!クニワックはどうなるんだ!!

よって退職エントリは後日執筆いたします。お楽しみに!

Advent Calendar 2017 をやっていった気持ち

今年も Advent Calendar の記事を 3 つこさえました。よいお年を。

qiita.com

orgachem.hatenablog.com

qiita.com

コスパで学ぶ自動テストのはじめ方

Qiita 週間ランキング1位を獲得しました Kuniwak です。ご愛顧ありがとうございます。

qiita.com

さて、本題に移りたいと思います。

つい最近ですが、勤め先の別チームに向けて自動テストの導入を支援するための資料を作成しておりました。こちらを共有したいと思います。

speakerdeck.com

資料中にある「仕様化テストを推奨しない」という決断には賛否両論あるかと思います。仕様化テストを推奨しなかった理由は、仕様化テストにかかるコストは相当に高く、本当に余裕があるときでないと選べない選択肢だったからです。今回自動テストを導入しようとしているチームは、見るからに余裕のない状況だったので仕様化テストからやれとは言えませんでした。

もし、「自分だったらこうする」等のアドバイスがあれば、ぜひ参考にしたいと思います。コメントなどに書いていただけると嬉しいです。

Bonfire iOS #3 で「iOS アプリエラー監視の設計とその効果」について発表してきました

詳細は会社のブログに書きました。

developer.diverse-inc.com

iOSDC 2017 Reject Conference で「デバッグを助ける構造的差分ライブラリ開発時の悲劇/喜劇」を発表してきました

詳細は会社のブログに書きました。

developer.diverse-inc.com