若き JavaScripter の悩み

何かをdisっているときは、たいていツンデレですので大目に見てやってください。愛です。

nvm から nodebrew に乗り換えた

Node.jsのバージョンを管理するツールnvm から nodebrew に乗り換えたので作業メモを残しておく。

乗り換えた理由はVimShellとの相性が悪かったためだ。 なにやらnvmはbash環境むけに作られているらしく(Node.jsとnvmを初めてインストールするときのハマりポイントと対策)、VimShellでは動作してくれなかった(そのときVimShellはwhichできない病になっていたので、nvmだけが原因でないかもしれない。ちなみにこの病気はPC再起動で直った(謎))。

nvmのアンインストール

さて、まずはnvmのアンインストールから。 やり方を公式から探してみるが見つからない…

(1) ~/.bash_profileの下の行を削除。

[[ -r $NVM_DIR/bash_completion ]] && . $NVM_DIR/bash_completion

(2) ~/.nvm以下を削除。下のコマンドを実行。

rm -rf ~/.nvm

これで大丈夫だと思う。

nodebrewのインストール

nodebrew をインストールする。公式のとおりにやれば問題ない。

(1) nodebrewをインストールする。下のコマンドを実行。

curl -L git.io/nodebrew | perl - setup

(2) 安定版のNodeをインストールする。下のコマンドを実行。

nodebrew install-binary stable

こんなもんだろうか。

ちなみにinstall-binaryオプションにしないと、延々とビルドされてしまうので注意。 (自分はnodenrew install stableをしてしまい、MacBookのCPUが焼かれたorz CPU温度:82℃)